栽培

ヘルニアに効く高麗人参の効能

日本には腰痛に苦しんでいる人が多く、特に座り仕事が多いドライバーや腰を使う仕事をする人の中には、椎間板ヘルニアに悩まされている人がたくさんいます。
日本人に限らず、二足歩行に進化した人間には、どうしても腰に大きな負担がかかるようになっていて、腰痛やヘルニアになるのは人間の宿命と言っても言い過ぎではないでしょう。
そんな腰痛の悩みに高麗人参が効果があるとされていますが、ここではなぜ高麗人参が腰痛やヘルニアに効果があるのかを探っていきます。

高麗人参には、自律神経の交感神経と副交感神経の両方のバランスを調節するという作用を持っており、交感神経が異常を起こした際に、それを抑制する働きがあると言われています。
交感神経が活発になって筋肉が緊張しているケースにおいて、高麗人参が交感神経を鎮静化することから、腰痛の症状を和らげると言われています。
さらに高麗人参には血流の改善作用があるため、急性期を過ぎた患部を温め、回復を促してくれます。
腰痛には、筋肉由来の緊張性腰痛と、鈍い痛みを伴う慢性腰痛の2つがあります。
緊張性腰痛は、長時間同じ姿勢を続けているなど、過度なストレスを強いられることにより、常に交感神経が優勢となって他の筋肉が緊張します。
そうなると壊れたバランスを調節しようと腰の筋肉の負担が大きくなってしまい腰痛になってしまいます。
高麗人参を毎日摂取することで、ある程度腰痛やヘルニアを抑えることはできますが、同時にそれを引き起こさないように自分自身でも工夫をしなければいけません。
何よりも同じ姿勢のまま長時間いることが腰には悪く、ヘルニアになってしまう可能性を高めてしまうので、座る時間が多い仕事をする場合でも、意識的に体制を変えたり、休憩時間には積極的に運動を取り入れて下さい。
日常生活でも注意をして、毎日高麗人参を摂取することにより、腰痛やヘルニアを未然に防ぐことができます。

このように高麗人参は確かに腰痛やヘルニアには効果がありますが、それ以前に腰に負担のかからないように工夫することが重要になります。