栽培

高麗人参を赤ちゃんに飲ませても大丈夫?

高麗人参が体に良いことは誰もが知っていますが、赤ちゃんに与えても大丈夫なのか心配なお母さんは多いことでしょう。
また妊娠中や授乳中には、自分が摂取したことで赤ちゃんに影響しないか心配な人も多いことでしょう。
ここにはそんな人たちの疑問への答えが書かれています。

まず高麗人参を直接赤ちゃんに与えるのはNGです。
免疫力が十分はない赤ちゃんに高麗人参を与えることで、健康に害を及ぼす恐れがあります。
しかし、高麗人参を妊婦さんや授乳中に自分が摂ることは問題ありません。
むしろ高麗人参を摂ることにより、血行が良くなるので、妊娠中の冷え症や腰痛などの悩みを改善させる効果を得られます。
したがってもともと高麗人参を自分で摂取していて、その十分な効果を知っていて、どうしても自分の赤ちゃんにも与えたい場合は、自分が摂取して母乳で与えることをおすすめします。
しかしはじめて高麗人参を摂取する場合は、体質に合わない人もいるので、摂取する前にはかかりつけの
医師に相談した方がいいでしょう。
また妊娠が分かってから摂取する場合は、赤ちゃんを産んでからにした方が安全かもしれません。
赤ちゃんには直接与えることは危険ですが、一定の免疫力が付いているお子さんには高麗人参を与えても全く問題はありません。
高麗人参からは、健康に対する効果以外にも美容効果も得ることができるので、できるだけ毎日摂取することがおすすめです。
妊娠中に妊婦が高麗人参を摂取する場合、加工品には注意が必要です。
高麗人参そのものには問題はありませんが、サプリメントやお酒がそこに含まれていれば胎児に悪影響を及ぼす恐れもあります。
加工品を摂取する場合は、発売元に妊娠中で授乳中に摂取しても大丈夫かを確認してからにしましょう。
もちろん赤ちゃんに対しても免疫力が付いている子供にも、加工品は危険な場合もあるので、同じくメーカーに確認した上で摂取して下さい。

このように、赤ちゃんに直接高麗人参を与えることは危険ですが、お母さんが直接摂取するのはOKで、加工品を摂る場合は安全面をメーカーに確認した上で摂取して下さい。

↓高麗人参ランキングはこちら